信用取引とは?

信用取引とは?
お問合せ

初めての信用取引入門

初めての信用取引入門  > 信用取引とは?
  
信用取引とは?

株式投資には「現物取引」と「信用取引」の二つの種類があります。

株の購入代金も株を売却する株式もすべて自分で保有している中で株式投資の取引をするのが「現物取引」になります。

自分が証券会社に委託保証金かその委託保証金の代わりになる位の価値がある証券を担保として預けて、証券会社から委託保証金か預けた証券以上の価値のある株券かお金を借りて、株式の売買をする株取り引きを「信用取引」といいます。

証券会社が貴方を信用してお金か株券を貸してくれて、証券会社の信用を得て行う取引であるので「信用取引」といいます。

信用取引は、「株式を買いたいけど、十分な資金がない」といった時や、「今後株価が値下がりしそうなので売りたいが、手元に株券がない」といった時などでも、投資家が株式の売買ができるよう証券会社が株の購入代金を貸してくれたりたり、売る為の株式を貸してくれたりする事をいいます。

信用取引はなぜあるのか?

信用取引は何故できたのでしょう?
信用取引が株式市場で必要な理由は、証券会社が儲ける為というのもおそらくありますが、投資家が信用取引を利用することでたくさんの株が売買される事になります。
株がたくさん活発に取引されれば株式市場では適正な株価形成がなされるだろうと考えられているからです。

投資家の手持ちの投資資金や保有している株だけでしか取引ができない現物取引だけでは、少しの売買や短い期間で株価がとんでもなく大きく動いてしまう危険があり、適正な株価を形成するには十分とは言えない場合があるかもしれないという理由です。

信用取引が無ければ一人の大金持ちや小人数の投資家の考えだけで株価が形成される事になるケースがでてくるよりは、たくさんの投資家の考えや売買が反映される株式市場の方が、適正な株価を形成しやすくなります、なので信用取引が必要になるという事になります。

スポンサードリンク