信用取引のいいところ

信用取引のいいところ
お問合せ

初めての信用取引入門

初めての信用取引入門  > 信用取引のいいところ
  
信用取引のいいところ

信用取引のいいところに「レバレッジ効果」といわれるものがあります。
レバレッジ効果とは「てこの原理」のことをいいます、このてこを使うと軽い力が何倍にもなってものを動かすことができます。

信用取引では、委託保証金率30%の場合、差し入れた委託保証金の約3.2倍の金額の株を保有する事ができるので、レバレッジ効果と言われます。

約3倍の資金で株式を購入できれば、利益も約3倍になります。
ですが現物取引に比べて信用取引は約3倍の割合で利益や損失が上昇したり下落したりします。

信用取引は利益がでた時は良いのですが損失が出たときはかなりきついものがあります。
なので信用取引は使い方次第でハイリスク・ハイリターンであることをしっかり知っておく必要があります。

空売りができる

もうひとつのいいところは、「空売り」ができることです。
信用取引をする事で、株を買ってから売る、以外にも、借りた株を売ってから買い戻す、ということができる様になります。

空売りをする事で株価の下落している時でも儲けることができます。
空売りが出来る事によって、儲ける機会が増える事になります。

株というのは上がったり下がったりしますが、株価が下げているときは「買い」から入るよりも「売り」から入った方が儲かる機会が多い場合もあります。

スポンサードリンク