信用取引の種類

信用取引の種類
お問合せ

初めての信用取引入門

初めての信用取引入門  > 信用取引の種類
  
一般信用取引

一般信用取引とは、証券取引所に上場している株を買ったり売ったりする時の金利、品貸料、返済期限などは、投資家と証券会社との間で自由に決めることができる信用取引の事を一般信用取引といいます。

一般信用取引を使って取引ができる銘柄は、上場している株ならば、上場廃止基準に該当した銘柄以外に制限はなく取引できるようです。
例外として証券取引所が売買状況等の判断によって、特定の銘柄について一般信用取引の利用を禁止する時もあります。
一般信用取引での返済期限、金利、品貸料および、売買している株券について新株引受権又は株式分割等による株式を受ける権利の付与があり、新株落ちとなったときの処理や配当金の処理については、証券会社によって違います。

制度信用取引

制度信用取引とは、証券取引所に上場している株などを対象として、金利、品貸料及び返済期限等が証券取引所の規則によって決められている信用取引の事を制度信用取引といいます。

制度信用取引によって行った取引の決済のために、投資家は証券金融会社から空売りする為の株や株を購入する為の資金を証券取引所の決済機構を通じて借りること(貸借取引)ができます。

制度信用取引ができる銘柄は、上場している株のうち、証券取引所が決めた銘柄(制度信用銘柄)だけ取引することが出来ます。

制度信用取引の返済期限は6ヶ月と決まっています、6ヶ月以上制度信用取引を継続することはできません。

制度信用取引の金利は、証券会社が定めた利率が適用されます。
また、貸借銘柄については、証券金融会社において株不足(貸借取引残高で貸株数が融資株数を上回った場合)が発生し、株不足になった株券を確保するための費用が発生した場合は、売り方は品貸料(逆日歩ともいいます)を支払います、買い方は品貸料を受け取ることになります。

スポンサードリンク