逆日歩とは?

逆日歩とは?
お問合せ

初めての信用取引入門

初めての信用取引入門  > 逆日歩とは?
       
逆日歩とは?

信用取引は、買い方の投資資金の融資や売り方の売却株の貸株には、多くの資金や大量の株がいるため、証券会社は全部自社で調達するのは不可能で、証券会社で調達できないお金や株は証券金融会社から調達する事になります。
普通、信用取引では売り方に貸している株数より買い方に貸している融資の方が上回っていて、証券金融会社でも同じような状況になっています。
この場合は証券金融会社では買い方が購入して預かっている買い付け株券を売り方に無料で貸しています。
ですが、株価の動きによってはある銘柄を空売りする投資家が急増して、空売りする時に貸す株が不足すると、証券金融会社が買い方から預かっている株券だけでは売方に貸すのに不足してしまう事になります。

貸株が不足した場合、証券金融会社では不足した株券をどこからか調達してこないといけなくなりますでないと証券事故になってしまいます。
不足した株券の調達は、まだ株を貸せる位の余裕のある証券会社や銀行、保険会社などから不足数を入札形式で調達します。
この様な形で外部から株券を調達した場合には、株券を貸してくれたところに品貸料を払わなければなりません。
この品貸料のことを逆日歩といいます。
逆日歩が発生した時は売り方全員から徴収しそのお金は買い方を入れた株券の貸し手全員に支払うことになります。
逆日歩は何日も続くと、かなりの金額を払う事になるので逆日歩の発生には注意する必要があります。

株券の調達が困難になってきた場合には?

証券金融会社は、貸借銘柄の株券の調達が困難になってきた場合は、貸株利用につき注意を喚起することがあります。
株券等の調達が不可能な場合は、貸株の制限または停止の措置を行うことがあります。
この場合は、制度信用取引での新規の売り付けや、買い付けた銘柄の売却・現引きによる返済ができなかったりといろいろと制約されたりします。

逆日歩はどれくらいお金がかかるのか?

逆日歩はどれくらいお金がかかるのかというと、逆日歩は株式市場が休みでも発生します、取引が無い土日をまたいでも2日分加算されます。
逆日歩は1株に対して発生するので、1000株空売りしていれば50銭の場合だと、1日500円の逆日歩を払う必要があります。
逆日歩が発生して半年が経った場合には一日 500円×6ヶ月間(180日)=9万円が何もしていなくても発生します。
なので逆日歩が発生すると売り方にとってはかなりの出費になります。

日歩とは?

信用取引の買い方は証券会社から投資資金を借りているのでその借りた金額に対して金利を払わないといけません。
信用取引の売り方は証券会社から売るための株を借りていますが株の売却代金を証券会社に預けてあるため証券会社は株を売ったお金を、信用買い注文の融資に充てることができるのでそれに見合う金利を受け取れます。
この買い方、売り方の受け払いする金利を日歩といいます。

スポンサードリンク