信用取引残高、信用買い残、信用売り残とは?

信用取引残高、信用買い残、信用売り残とは?
お問合せ

初めての信用取引入門

初めての信用取引入門  > 信用取引残高、信用買い残、信用売り残とは?
       
信用買い残、信用売り残とは?

ある銘柄が信用取引で何株が買われたか、売られたかという数字は証券会社ごとにまとめられて集計されます。
そしてある銘柄の信用取引の売りと買いで決済されていない取引残高が集計されます。これが、信用買い残、信用売り残と呼ばれます。

公表されている信用取引残高のデータ

公表されている信用取引残高のデータは「日証金残高」と「東証信用取引銘柄別残高」と「三市場信用取引残高」があります。
株式投資で儲けるには、企業の分析以外に信用取引の買い方、売り方の状況を把握する必要があります。
買い方、売り方の状況は3つのデータをチェックすることによってある程度の目安になると思います。

信用取引残高のデータの特徴

日証金残高
日証金が指定した貸借銘柄で、毎日の残高を発表し翌日の日経新聞などに掲載されます。
日証金残高は証券会社が自前で調達でなくて証券金融会社に申し込みがあったお金や株を集計しているので、実態を正確には集計できてはいません。

東証信用取引銘柄別残高
東証が前週の集計分を翌週の火曜日に発表します。
東証信用取引銘柄別残高は一週間前のデータではありますが個別の銘柄に「売り残」、「買い残」の株数が発表され、精度は高く、個別の銘柄の信用取引残高のデータでは一番信用できるデータです。
理由は東証が証券会社に投資家に対していくら融資したか、どれ位株を貸したかなど、全て報告させて集計したものだからです。

三市場信用取引残高
東京、大阪、名古屋の三市場の信用取引残高を集計しています。
前週分を集計して、翌週の火曜日に発表されるデータです。
三市場全体と各市場ごとに、信用売り残高と信用買い残高の絶対額、前の週と比較した増減株数、金額別に出ています。
その内訳として、一般信用取引、制度信用取引別に利用状況が詳しく掲載されています。

信用売り残増加の見方

信用売り残が増えるのは株価の見通しが悪い時ですが、信用売り残増加による取り組み妙味が上昇のきっかけとなる場合があります。
理由は増加した売り建玉が「いずれは反対売買で買い戻される」、という考えからきているからですが純粋な空売りではなく、「つなぎ売り」による増加である場合がありますので注意が必要です。

スポンサードリンク