信用評価損益率とは?

信用評価損益率とは?
お問合せ

初めての信用取引入門

初めての信用取引入門  > 信用評価損益率とは?
       
信用評価損益率

信用取引残高の動きが相場全体に大きな影響がありますが、どれくらい影響が現れるかを知るのに信用評価損益率を使います。
信用評価損益率は信用取引で株を買った投資家の評価損を示す数値です、相場の天井、底値、暴落をある程度予想する目安になります。

信用評価損益率の計算方法

信用評価損益率、信用評価損益率の計算方法

信用評価損益率の見方

信用評価損益率はほとんどプラス(利益が出ている状態)になりません。
投資家全体でみると、いつも信用評価損を抱えている投資家が多い事になります。
信用評価損益率がほとんどプラスにならない理由としては、「投資家は少しでも儲けが出るとすぐに利益確定をしますが、損失が出た時はいつかその内上がるだろうと思い我慢して保有するため」損失を抱えている投資家が多いからだといわれています。

評価損益率が3%になってくると天井圏としています。
信用買いをした人の3%が評価損(損している人が少ない)ということは、たくさんの人が儲かっている状態にあります、なので相場全体が天井に達し近い将来に売り圧力が高くなる可能性が高いからです。

下げ相場で評価損益率が10%を下回ってくると、「追証」が発生してくる水準といわれています。
15%から20%まで数値が下がってくると底打ちとなることが多いようです。

スポンサードリンク