貸借倍率とは?

貸借倍率とは?
お問合せ

初めての信用取引入門

初めての信用取引入門  > 貸借倍率とは?
       
貸借倍率とは?

信用取引の「買い方」と「売り方」の状況を数値で表したものです。
信用取引の信用買い残が増えると、将来の売り圧力が強まる可能性が高くなります。
信用取引の信用売り残が増えてくると、いずれは買戻しをしないといけないので将来の買い圧力が強まる可能性が高くなります。

貸借倍率の計算方法

[ 信用買い残÷信用売り残 ]で計算されます。

貸借倍率の見方

貸借倍率は、普通1.0倍より大きいですが、信用売り残が増えて1.0倍に近づいたり、1.0倍を割り込んでくると将来的に株価が上昇する可能性が高いと言われ株式市場では注目されます。
貸借倍率が高いほど、買いの方が圧倒的に多く相場が過熱状態であると言われます。

貸借倍率は銘柄ごとに週に1度発表されています、この比率の変化だけで銘柄によっては物色の対象とされる事もあります。

三市場(東京・大阪・名古屋)の合計の信用残高も公表されていて、市場全体の貸借倍率を知ることもできます。

スポンサードリンク