踏み上げ

踏み上げとは
お問合せ

初めての信用取引入門

初めての信用取引入門  > 踏み上げ
       
踏み上げとは?

空売りしている投資家が、予想とは反対に売った値段より株価が上がってしまい、売った株を高く買い戻す人が増え株価が上がっていく事を踏み上げ(踏み上げ相場)といいます。
こういった状況になると空売りをしている投資家は、値段に関係なく損失覚悟で買い戻そうとしますので、株価は急騰することになります。

英語では、空売りしている状態のをショートと言います、「踏み上げ」のことを「ショートカバー」といいます。

踏み上げを予想するには

踏み上げが起こるのを予想するには、空売りがどの価格帯で多く行われているかを知らなくてはなりません。
空売りの多くが天井圏で行われていたら、空売りしている投資家には余裕があるので、踏み上げが起こる可能性は高くないでしょう。
ですが、低い価格帯で空売りしている投資家が多いと分析される場合、株価がある価格帯よりも上昇した場合には投資家に追証が発生し、追証の発生に怯えた投資家が一斉に買い戻しをしてくる可能性高いです。

踏み上げが起こった場合には、空売りしている投資家の買い圧力がなくなったこになりますので、相場の上昇は終わりと思っても差し支えないと思います。

踏み上げしそうな銘柄の見つけ方の例

踏み上げしそうな銘柄を見つけるコツは株価が長期低迷していて底値圏で推移していたが株価が底値圏から反転して少し上昇している銘柄が今後踏み上げしそうな銘柄といえます。
理由は株価が、長期低迷・底値圏で推移していたが、少し株価が上昇してくると信用売残が増加してきます。
これは、その企業の業績不振などの悪いイメージが投資家に残っていて、『業績は悪いんだから株価が上がるわけない』などと思って空売りをしてきます。
一方で買い方の多くは、好材料が出たわけでもないので、株価上昇は最初の内はほとんど無視されます。

その後、株価の上昇が継続すると、売り方は株価を下げようと空売りを増加させます。
買い方は株価の上昇が継続してくると徐々にその銘柄が注目され、信用買いが増えます。
そして株価は均衡を保っていきますが、その内好材料のうわさが流れ始めたりすると、買い方は積極的に買い上がってくるようになります。

そして、好材料が表面化し色んな投資家に知れ渡るとその銘柄は人気化し、信用買いが増加していきます、あわてた売り方から買戻しが入るという事になります。
タイミングとしては好材料が出て信用買いが大幅増加する一歩手前が理想ですが、株価の上昇に乗り遅れなければ利益は十分出ると思います。

踏み上げしそうな銘柄の見つけ方は他にもたくさんあります、自分独自の投資手法として見つけると株式投資も面白くなってくると思います。

スポンサードリンク