信用取引規制の対応方法

信用取引規制の対応方法
お問合せ

初めての信用取引入門

初めての信用取引入門  > 信用取引規制の対応方法
       
信用取引規制の対応方法

信用取引規制の目的は過熱した株価を抑えることにあります、信用取引規制が実施されると、株価は大きな影響を受けます。
一番影響がある全面規制が実施されると、自分の買っている銘柄は過熱していなくても、全面規制は信用取引全体の規制なのでとばっちりで影響を受けることがあります。

そういうことが無いように、規制が実施された場合の対応を知っておきましょう。
信用取引規制は、なんの予告も無しで急に発表され、翌日から行われます。
ですが発表は突然でも、「信用取引規制の実施は近いかもしれない!」というパターンはあります。
このパターンを察知して発表前に逃げるのがもっとも賢い信用取引規制の対応方法といえます。
信用取引規制は株価の過熱を抑えるのが狙いであり、株価の過熱を示すパターンはたくさんあります。

信用取引全面規制のパターン

日経平均やTOPIXが短期間に急上昇し、1日の出来高も通常の2倍、3倍を超える日が多くなってくる。

三市場信用取引残高の買い残高が毎週の発表ごとに急増している。

このような状態が続いてくると、証券取引所の関係者が記者会見などを行って、株価の行き過ぎに警告する発言をするようになる。

信用取引個別規制のパターン

仕手株の人気がある銘柄に集中し、株価が急上昇を続けるに伴って信用取引の取引高、取引残高も急増する。

株不足や逆日歩が発生するなど、仕手戦の激しさが増す一方の状態になった時。

このような状態が続いてくると、日々公表銘柄に指定されたりして規制が実施されます。
この信用取引規制のパターンは、すべて公表されているものの中から注意深く毎日見ていれば見分ける事ができるはずです。
信用取引をしている人であれば、これくらいは簡単に見分けられるようになっていかなければいけないでしょう。

スポンサードリンク